テキサスの電力予備力確保

容量市場


需給逼迫するも発電所投資の進まないテキサスだが、この主たる原因とされるのが天然ガス価格の低迷による電力価格の低下:
That situation worked nicely for the industry when natural gas prices were hitting all-time highs above $15 per British thermal unit a few years ago. But now, with natural gas below $3, developers say new plants are a bad investment.

Meanwhile, the Texas population and economy continue to grow, boosting demand for juice. Texas’ margin of excess generating capacity, known as the reserve margin, will shrink below ERCOT’s target of 13.75 percent by 2014, putting the state at greater risk of blackouts.

Two years isn’t enough time to build plants. Hence, ERCOT made cat videos. But there is time to build plants in the next decade, before the reserve margin hits zero.

数年前、天然ガス価格が$15/Btuを常に超えていたときは、電力業界はうまくいっていた。しかし今では$3/Btuとなり、デベロッパーは新規発電所は悪い投資だと言う。一方で、テキサス州の人口と経済は成長を続け、需要は増大している。テキサス州の発電予備力はERCOTの目標である13.75%を2014年には下回り、大停電のリスクが高まる。2年では発電所建設には時間が足りない。したがって、ERCOTは節電動画を制作した。しかし、予備力がゼロになる前に、今後10年で発電所を建設することができる。

[ [[ELIZABETH SOUDER- "Here’s how Texas electricity regulators propose keeping the lights on: Higher prices, strategic conservation" (2012/08/25) on Dallas News:http://www.dallasnews.com/business/energy/20120825-heres-how-texas-electricity-regulators-propose-keeping-the-lights-on-higher-prices-strategic-conservation.ece]] ]
新規発電所建設の誘因として、テキサス州独立系統運用機関ERCOT及びテキサス州公共企業委員会PUCTは容量市場の創設を考えている。PJMなどでは容量市場により予備力確保に成功している。BrattleのERCOTレポート は、予備力確保のために「目標値設定と価格上限引き上げ」より「PJMスタイルの容量市場と販売側への容量調達義務」をそこはかとなく推奨している。しかし...
Problem is, requiring the market to keep excess capacity costs money, and ultimately consumers pay. It’s a “bad deal” for consumers, according to a study last year on capacity markets in the Northeast by Synapse Energy Economics Inc.

“High capacity prices in local markets have increased the profitability of incumbent generation at ratepayer expense, but have not led to significant investment in new power plants,” the study says. Instead, the study shows, capacity markets have kept old plants running or prompted power companies to expand existing facilities.

問題は市場に予備力のコストを維持させ、最終的には消費者に負担させる必要があることだ。Synapse Energy Economicsによる北東部での容量市場についての昨年の調査によれば、消費者にとって"bad deal"である。その調査は「ローカル市場の高い容量価格は、消費者負担で既存発電所の利益を増大させるが、新規発電所への大きな投資を導くには十分ではない。むしろ、老朽発電所の運用継続や、既存施設の拡充の誘因となる」ことを明らかにしている。

[ [[ELIZABETH SOUDER- "Here’s how Texas electricity regulators propose keeping the lights on: Higher prices, strategic conservation" (2012/08/25) on Dallas News:http://www.dallasnews.com/business/energy/20120825-heres-how-texas-electricity-regulators-propose-keeping-the-lights-on-higher-prices-strategic-conservation.ece]] ]
Brattleがどちかといえば推奨する容量市場に対して、Synapse Energy Economicsはネガティブな調査結果を出している。ただ、なんにせよ容量確保には効きそうである。消費者は容量市場導入による消費者価格上昇を嫌うかもしれないが、予備力確保のための負担はいずれにせよ消費者が負担しなければならない。

容量市場を嫌うなら、上限価格を引き上げを進めるほかない


  • 最終更新:2012-09-09 04:08:17

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード