テキサスの電力需給逼迫と対策

需給逼迫するも発電所投資の進まないテキサス(2012/05/26)


電力自由化されたテキサス州の系統運用機関であるERCOTは、2012年5月22日に需給予測レポートを公表した 。これによれば、予備力を含めた電力供給容量は2014年には、需要に安定供給(需要の急増や発電機のダウン)に必要な13.75%のマージンを加えた量を下回る。そして、2022年には需要を下回る。
ERCOTforecast2002.png
これまでも、危うい状態を何とか乗り切ってきたERCOTだが、供給不足の状況は深刻である。

これについて、ERCOT及びPUCT(テキサス州公益企業委員会)は...
Low wholesale prices and tight financial markets have stalled development of new generation in Texas even as more stringent environmental rules threaten to shut older coal- and gas-fired plants over the next few years.

The Texas Public Utility Commission (PUCT) and ERCOT have implemented a number of market changes -- including raising the price cap on wholesale power when supplies are scarce -- to encouraging construction of new power plants.

In response, Calpine Corp last month said it would install 550 megawatts of new generation by the summer of 2014 at existing Texas power plants.

Other generation owners are watching the market carefully.

卸電力価格が低いことと金融市場がタイトであることから、ここ数年で環境規制のために老朽石炭火力及び老朽ガス火力発電所の閉鎖が必要であるにもかかわらず、新たな発電所建設は失速している。

テキサス州公益企業委員会(PUCT)とERCOTは、卸電力価格の上限を需給逼迫時には引き上げるなどの多くの市場改革を行って、発電所建設を奨励している。

これに応えて、Calpine Corpが先月(2012/4)に、55万kWの発電機を既存のテキサス発電所内に2014年夏までに導入すると発表した。

他の発電会社は市場動向を慎重に見守っている。

[ UPDATE 2-Texas power supply outlook worsens, grid says (2012/05/22) by Reuters ]
テキサス州の電力価格はこれまで米国平均を上回り続け、ようやく昨年から平均を下回った状態。低価格とは言えないが、その水準では投資誘因にならない模様。

発電会社としては、需給逼迫すれば卸電力価格は暴騰するので、ちっとも困らない。そこを、どうやって投資させるかという制度設計が電力自由化の成否を分かつところだが、テキサス州はうまくいってないようだ。


卸電力取引市場の価格上限3倍引き上げを急ぐテキサス州 (2012/06/30)


これに対処すべくテキサス州公益企業委員会と系統運用機関は卸電力市場の価格上限を3倍引き上げを検討開始した。
Texas, the biggest electricity consumer in the U.S., faces a shortage of power to fuel its growing economy that may force the most extensive overhaul of the state’s competitive market since deregulation in 2002.

Texas utility commissioners and grid operators are studying whether to allow the nation’s highest peak wholesale power prices to triple, part of a bid to encourage power-plant construction and avoid blackouts as early as 2014.

Falling natural-gas prices exposed a flaw in deregulated electricity markets for Texas and 12 other states that rely on the competitive model. Wholesale power prices, tied to the cost of gas, have fallen more than 30 percent since 2008, making generators reluctant to invest billions in new plants that would be subject to price swings and uncertain returns.

米国最大の電力需要なテキサス州は、経済成長の原動力のひとつである電力の不足に直面しており、2002年の自由化以降の州電力市場についての徹底した見直しを迫られるかもしれない。

テキサス州公益企業委員会と系統運用機関は2014年初のブラックアウト回避と発電所建設の誘導のために、卸電力価格の上限を3倍引き上げる検討をしている。

天然ガス価格の下落により、テキサス州と12の電力自由化州の電力市場を損なっている。天然ガス価格にリンクした卸電力価格は2008年以来30%低下した。これにより、価格変動と不確定な回収の対象である発電所建設に、何十億ドルも投資することを発電会社が躊躇している。

[ Mark Chediak - "Texas May Triple Power Prices to Avert Summer Blackouts" (2012/06/01) on BusinessWeek ]
天然ガス価格の低下で、全体として電力価格が下がり始めたことが、発電所建設が進まない要因という。そこで、需要ピーク時に回収できるようにすることで、
発電所建設を誘うもよう。

で、2012年6月19日あたりになると、上限価格改訂を急ぎ始めている。
The Public Utility Commission is scrambling to implement a new pricing structure aimed at reducing the threat of blackouts during times of heavy electricity usage.

By raising the cap on wholesale electricity prices, the PUC hopes to encourage generators to build additional capacity for meeting peak demand, such as during a hot summer when everyone's running their air conditioning.

テキサス州公益企業委員会(PUCT)が、電力需要の大きい時期のブラックアウトの可能性を小さくすべく、価格構造の改訂を急いでいる。

卸電力価格の価格上限を引き上げて、テキサス州公益企業委員会は、誰もがエアコンを動かす暑い夏などのピーク需要に対応する発電容量の確保するための、発電所建設を誘導を狙っている。

...

Texas Industrial Energy Consumers, which represents commercial users, estimated that if the new price limits had been in effect last year, wholesale power costs would have been as much as $4.7 billion higher.

産業需要家を代表するテキサス州産業エネルギー消費団体は、新たな価格上限が適用されていれば、昨年は47億ドル負担増だったと推定している。

[ [[Loren Steffy- "Steffy: Dark summer looms under deregulation" (2012/06/19) on Chron:http://www.chron.com/business/steffy/article/Steffy-Dark-summer-looms-under-deregulation-3646544.php]] ]
テキサス州産業エネルギー消費の47億ドル負担増だと、規模的には発電会社の発電所建設の誘因になりそう。

これで発電所建設が始まるとしても年単位の時間がかかる。一方で環境庁の窒素酸化物・硫黄酸化物の排出規制による老朽発電所閉鎖や、二酸化炭素排出規制による石炭火力の閉鎖などが、どこまで法廷闘争で押しとどめられるか気がかりでもある。

悪くすると、発電所建設は進まず、輪番停電が起きて、なおかつ卸電力価格高騰という残念な結果もありえる。


2012年夏も需給逼迫のテキサス州電力グリッド (2012/07/11)


The Associated Pressの配信ニュースによれば、今夏(2012)のテキサス州は、電力需給が逼迫し、消費者への電力節約や産業需要家への供給停止などの措置が必要になるもよう。ただし、停電の可能性は小さい。
AUSTIN, Texas (AP) - The Texas power grid barely has enough electricity to meet demand this summer, and an unexpected drop in generation or spike in demand could lead to rolling blackouts, the president of the Electric Reliability Council of Texas testified Tuesday.

Trip Doggett told state lawmakers the electric supply will be tight this summer and warned the agency will likely declare Energy Emergency Alerts asking consumers to cut back on use. It may also implement emergency procedures, including taking industrial users offline. But blackouts would only happen if there was an extraordinary drop in generation or the state experienced record high temperatures.

テキサス州電力グリッドは今夏の需要に応えるに十分な供給力がなく、予期しない発電機の脱落あるいは需要の急増があれば、輪番停電の可能性があると、系統運用機関ERCOTのトップが火曜日(2012/07/10)に証言した。

Trip Doggettはテキサス州議会で、今夏の電力供給は逼迫しており、消費者に電力節約を求めるエネルギー緊急警報の発令をすることになりそうだと警告した。産業需要家の電力の一時停止などの緊急手段も必要となるかもしれない。しかし、異常に多くの発電機の脱落や記録的な高温がない限り、停電はないだろう。

ERCOT is responsible for managing most of the state's electric grid, while private companies generate the electricity. Many of those companies have complained in recent years that Texans don't pay enough for electricity for them to invest in new generation plants. Last month, the Public Utility Commission raised rates to encourage an increase in power generation.

By managing the grid, ERCOT attempts to maintain a 13 percent reserve margin to be ready should demand spike or a generator shut down unexpectedly. But generation capacity has not kept up with population and demand growth, and ERCOT finds it difficult to maintain that reserve capacity in case of an emergency.

ERCOTは州の大半の電力グリッドを管理する責任を負っていて、民間企業が発電を担っている。多くの発電会社は、テキサス州民が発電所新設投資のために十分な電力料金を支払っていないと不満を述べてきた。先月、テキサス州公益企業委員会(PUCT)は発電機増設を誘導するために価格上限を引き上げた。

電力グリッドを管理して、ERCOTは需要の急増や発電機の脱落に備えて13%の予備力を維持しようとしてきた。しかし、発電容量は人口及び需要の増大に追いついておらず、ERCOTは非常時に予備力を維持することが困難だと知った。

...
[ Chris Tomlinson- "Official- Texas electric supply will be tight" (2012/07/10) by AP ]
電力自由化前は全米平均より電気料金の安かったテキサス州は、自由化後に全米平均より高くなった。しかし、ここ3年くらいは価格が下がって、自由化の効果が出てきた。と思ったら、価格低下で発電所増設が止まって、供給不足の危機に。

既に、昨夏は高温と旱魃で、非常事態警報を7回発令している。
During the record heat and drought of last summer, the grid experienced record demand. ERCOT had to declare emergencies seven times and shut power down to interruptible customers twice to avoid widespread rolling outages. (Interruptible customers are large-scale industrial clients that take discounts on energy rates in exchange for volunteering to lose power first when the grid is stressed.) But there were no rolling outages.

昨夏の記録的熱波と旱魃で、電力グリッドは記録的な需要となった。ERCOTは非常事態警報を7回発令し、輪番停電を回避するために2回、電力使用中断可能需要家への電力供給を停止した(電力使用中断可能需要家とは、大規模産業で、電力需給逼迫時に自主的な停電を行うかわりに、安い料金を適用されている)。しかし、輪番停電はなかった。

[ TERRENCE HENRY- "ERCOT- So, About that Chance of Rolling Blackouts…" (2012/07/10) on StateImpact ]
今夏は輪番停電はなさそうと見られているが、非常事態警報発令はありそう。


2012/08/01からテキサス州の卸電力の取引上限価格が1.5倍に改定


テキサス州系統運用機関ERCOTによれば 、2012年7月31日に、テキサス州のピーク需要が6579万kWに到達し、これまでの最大値6543万kW(2011/07/27)を上回った。同日には、テキサス及びニューメキシコに電力を供給する[[Xcel Energy:http://www.xcelenergy.com/About_Us/Energy_News/News_Releases/Xcel_Energy_asks_customers_to_curb__electricity_use は両州の顧客に対して、2012年7月31日に節電を求めた。

このような状況を打開すべく、電力の供給予備力確保を目指して、テキサス州公益企業委員会(PUCT)が6月に決定していたERCOTの取引上限価格の50%引き上げ($3000/MWh -> $4500/MWh)が 2012年8月1日に行われた。

これにより、需給逼迫した場合には、発電会社はより大きな収益を得る。一方で、電力小売り会社は負担が増加する。価格固定契約をしている顧客に対して、契約期間中に価格を改定したいところだが...
The contracts, which consumers are supposed to read and understand, can be lengthy, some running eight pages of fine print. Most of the “Terms of Service” as the contracts are called, have a clause that says “your price” can be raised if there’s a “change in law” that imposes higher costs on the REPs.

消費者が読んで理解していること人っている契約書は、とても長く、ときには小さな文字で8ページにもなる。契約書が「利用条件」と呼ぶものの大半には、電力小売り会社のコストを増加させる「州法改正」があれば「価格」を上げることができるという記述がある。

...
NRG and TXU as well as TEAM , the Texas Energy Association for Marketers which represents 13 smaller retailers including Amigo, Bounce and Green Mountain. They told the PUC that the increased costs can be legally passed on to customers even with fixed-price contracts.

AmigoやBounceやGreen Mountainなど13の小規模電力小売会社を代表するTEAMや、大手NRGやTXUは、テキサス州公益企業委員会に対して、コスト増は合法的に、固定価格契約している消費者に転嫁できると述べた。

After hearing the arguments, the PUC punted: it said it wouldn’t render a decision until a customer filed a formal complaint against a REP or if the PUC’s own staff lodged an enforcement action.

これらの論を聞いて、テキサス州公益企業委員会は、消費者が電力小売会社について苦情を申し立てるか、委員会自身のスタッフが法執行を上提するまで、本件を審議しないと述べた。

[ DAVE FEHLING^ "Texas PUC Waits for Power Companies that Dare Raise Prices" (2012/07/31) on StateImpact ]
合法的に固定価格契約の消費者に対して、値上げできたとしても、消費者の抵抗を考慮すれば、値上げできないかもしれない。

ただし、値上げしない場合、電力小売会社の負担の大きさによっては、小規模な会社が耐え切れずに、大手に統合される可能性はあるだろう。



それでは不足だという意見も...


“The prices have to go up before you see any significant generation being built,” said Dallas energy consultant John Bick, formerly with TXU Energy, now with Priority Power Management.

Dallasのエネルギーコンサルタントで、以前はTXU Energyと、現在はPrioit Power Manaementと仕事をしているJohn Bickは「大きな発電所建設には、価格引き上げが必要である。」と述べた。

Last month, the PUC approved raising the cap on the peak-demand price from $3,000 per megawatt hour to $4,500/MWh starting August 1. That’s not high enough?

“Correct”, says Bick.

How about $6,000, even $9,000? Would that have an effect?

“I agree, yes,” says Bick.

Q: 先月、テキサス州公益企業委員会はピーク時の価格上限を3000ドル/MWhから4500ドル/MWhへ8月1日から引き上げますが、それは不十分ですか?

A: 不十分です。

Q: 6000ドル/MWh、さらには9000ドル/MWhなら効きますか?

A: 効きます。


Also agreeing that a much higher peak price is needed is John Ragan, president of NRG’s Gulf Coast operations, the second biggest power generator in Texas (Dallas-based Luminant is number one).

“You have to understand that electric generators in the market we have in Texas really earn their return on those very high-priced hours. And there’s only a couple hundred of those hours in any given year,” Ragan told StateImpact in an interview at NRG’s Houston office.

“The rest of the time, the prices are $30, $20 (a megawatt hour), at night they go negative. So these hours are critical. But we do need to see a very high price for those hours to make economic sense for development of new generation,” said Ragan.

テキサス州第2位の発電会社NRG’s Gulf Coast operationsのJohn Ragan社長も、ピーク時間帯の価格をもっと高くすべきだと言う。

「市場にあるテキサス州の発電機は、非常に価格が上昇したときに収益を上げていることを理解する必要がある。それは年間で、ほんの数百時間のことなのだ。それ以外は20~30ドル/MWhで、夜にはマイナスになる。だからこそ、この数百時間が重要なのだ。しかし、これらの時間の高価格は、発電機の新設に経済的な意味を持たせていることも、知っておく必要がある。」

[ [[DAVE FEHLING- "Not Enough: Even Higher Price for Electricity Urged for Texas" (2012/07/17) on StateImpact:http://stateimpact.npr.org/texas/2012/07/17/not-enough-even-higher-price-for-electricity-urged-for-texas/]] ]
実際に、2012年6月26には、リアルタイム市場の価格が上限3000ドル/MWhに到達しているが、それでは不足らしい。

で、年間数百時間しか稼ぎ時がないのは、ERCOT管轄下の供給スタック構造によるもの。
BrattleFig5.png

需要が供給力の100%ぎりぎりに近づかないと価格が上がらない構造であるため、

そのようなギャンブリーな稼ぎだと、将来の収益予測が困難で、たまたま価格が跳ね上がったところで、新規発電機投資が誘えるかは怪しい。価格上限を9000ドル/MWhにしても、発電所投資を誘えそうにない。

したがって、ERCOTは「容量市場創設と、電力販売会社への供給力確保義務を課す」というPJMの方式をとることになるのではないかと思われる。


  • 最終更新:2012-09-09 02:57:58

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード