テキサス州と環境庁

環境庁の窒素酸化物と硫黄酸化物の規制


The head of the Texas Public Utility Commission expressed concern Friday that a new federal air quality rule, set to take effect Jan. 1, will cause disruptions in electric service.

If implementation of the Cross-State Air Pollution Rule is not delayed, "I have no doubt in my mind that this rule will result in reliability issues and rolling outages in Texas," Donna Nelson said at the start of the commission's meeting.

The rule, issued in early July by the Environmental Protection Agency, would require substantial reductions in emissions of nitrogen oxides and sulfur dioxide at power plants in 27 states.

The EPA says the rule will save and prolong lives by reducing harmful smog and soot pollution. Gina McCarthy, an EPA assistant administrator, said in a previous statement that power plants in the state "will be able to cut their pollution without jeopardizing reliable electricity service for Texans."

テキサス州公益事業委員会(PUC)委員長は、2012年1月1日に発効する連邦の排出規制が電力供給を崩壊させるだろうとの懸念を、金曜日に表明した。州間大気汚染規制の適用が延期されないと、「この規制はテキサス州の電力の信頼性問題と輪番停電をもたらすと確信している」と委員会の開会時に、Donna Nelson委員長は発言した。

7月初めに環境庁が公告した規制は、27州の発電所で窒素酸化物と硫黄酸化物の排出量を大幅に削減を義務付けている。環境庁は、この法規制は、有害なスモッグと煤塵汚染を浴抑制することで、生命を守り、長らえさせることができると述べている。環境庁補佐官のひとりGina McCarthyは以前の声明で、テキサス州の発電所は「テキサス州の電力供給の信頼性を損なうことなく、汚染を削減できるだろう」と述べていた。

But Dallas-based power generator Luminant says it doesn't have enough time to comply and has asked that the EPA delay implementation.

The company says the industry's standard time frame for installing emission controls is several years, but the rule requires compliance in six months. So Luminant, a subsidiary of Energy Future Holdings, has said it may have to shut down some coal-fired power plants in East Texas.

"Curtailing plant and/or mine operations will be the only option" if the 1,323-page rule goes into effect as planned, Luminant said.

しかし、Energy Future Holdingsの部門であり、ダラスを本拠地とする発電会社Luminantは、「法規制遵守には十分な時間がなく、環境庁に適用延期を求めている。排出対策の実装には業界標準では、数年のタイムスケールが必要であるが、この規制では半年間しかない。Luminantは東部テキサスの石炭火力を幾つか停止せざるを得ない」と述べた。

[ Jack Z. Smith "New EPA rule could lead to rolling blackouts in Texas, PUC chairwoman says" (2011/08/19) on Star Telegram ]



A federal court ordered Friday that the Environmental Protection Agency's controversial cross-state air pollution rule be stayed - to the delight of Texas officials and the chagrin of environmentalists.

The rule, which sought to reduce sulfur dioxide and nitrogen oxide emissions from power plants in Texas and 26 other states, had been scheduled to take effect in January. Now it will await a ruling by the court on its legal merits.

連邦法廷(DC連邦控訴裁判所巡回法廷)は金曜日に、論争対象となっている環境庁の州間大気汚染規制の一時停止を命じた。これはテキサス州当局に喜びを、環境保護主義者に悔しさを与えた。

テキサス州と26州の発電所からの窒素酸化物と硫黄酸化物の排出を削減する規制は、2012年1月に施行されることになっていた。しかし、この裁判所命令で、法的なメリットについて法廷が判断するのを待つことになった。

[ Kate Galbraith- "Cross-State Air Pollution Rule Stayed in Texas" (2011/12/30) on The Texas Tribune ]
これに対して、2011年9月にはERCOTは影響推定を公表。テキサス州検事局はあらゆる手段で、法規制阻止に動き出し、2011年12月にThe U.S. Court of Appeals for the D.C. Circuitは法規制一時停止を命じた。


温室効果ガス


2012年6月26日、DC連邦控訴裁判所は、「地球温暖化の科学はよく支持されてはおらず、環境庁は信頼できない研究に基づいて判断している」という産業界の訴えを棄却した。

[ MATTHEW L. WALD- "Court Backs E.P.A. Over Emissions Limits Intended to Reduce Global Warming" (2012/06/26) on NY Times ]
地球温暖化の抑制を意図して排出制限について環境庁を支持する法廷

WASHINGTON - A federal appeals court on Tuesday upheld a finding by the Environmental Protection Agency that heat-trapping gases from industry and vehicles endanger public health, dealing a decisive blow to companies and states that had sued to block agency rules.

連邦控訴裁判所は火曜日(2012/06/26)に、工業および自動車による温室効果ガスが公衆の健康を危険に晒しているという環境庁による知見と、環境庁の法規制の差し止めを求める訴訟を起こした企業や州への打撃を支持した。

A three-judge panel of the United States Court of Appeals for the District of Columbia declared that the agency was “unambiguously correct” that the Clean Air Act requires the federal government to impose limits once it has determined that emissions are causing harm.

The judges unanimously dismissed arguments from industry that the science of global warming was not well supported and that the agency had based its judgment on unreliable studies. “This is how science works,” they wrote. “The E.P.A. is not required to reprove the existence of the atom every time it approaches a scientific question.”

DC連邦控訴裁判所の3人の判事による法廷は、排出が害を引き起こしていることが判明した場合に、連邦政府に対して排出制限を課すことを義務付ける"Clean Air Act"は「明確に正しい」と判決した。裁判官たちは全員一致で、「地球温暖化の科学はよく支持されてはおらず、環境庁は信頼できない研究に基づいて判断している」という産業界の訴えを棄却した。裁判官は「このように科学は働く。環境庁は科学的問いにアプローチするときに、原子の存在を再証明する必要はない」と書いていてる。

In addition to upholding the E.P.A.’s so-called endangerment finding, the court let stand related rules setting limits on greenhouse gas emissions from cars and limiting emissions from stationary sources. Opponents had also challenged the agency’s timetable for enforcement and its rules singling out big polluters, but the court said the plaintiffs lacked the standing to do so.

Fourteen states, led by Virginia and Texas, had sued to block the rules. Fifteen states, including New York, California and Massachusetts, went to court to support the agency. Massachusetts and California were among the states that won a landmark Supreme Court decision in 2007, Massachusetts v. Environmental Protection Agency, that led to the agency’s endangerment finding. The attorney general of Virginia said he would appeal Tuesday’s ruling.

法廷は、環境庁のいわゆる公衆の健康を危険晒しているという知見を支持し、自動車や固定発生源からの排出上限を設定する法規定の差し止めを認めなかった。原告は、環境庁の法規制適用のタイムテーブルと、大規模排出者のみを標的にしている点を訴えたが、法廷は原告に訴えの資格がないと判断した。

ヴァージニア州とテキサス州が率いる14の州は、法規制の差し止めを求めて訴えた。ニューヨーク州・カリフォルニア州・マサチューセッツ州など15の州が環境庁を支持するべく法廷に赴いた。マサチューセッツ州とカリフォルニア州は、「公衆の健康を危険晒しているという知見」につながった、マサチューセッツ州対環境庁(Massachusetts v. Environmental Protection Agency)裁判で、2007年に画期的な最高裁判決を獲得している。ヴァージニア州の検事総長は、火曜日の判決を不服として上告すると述べた。
とりあえず、温暖化否定論に依拠して法規制を妨害する行為は控訴裁判所レベルでは阻止され、連邦最高裁に持ち込まれることとなった。

連邦最高裁で、同様の判決が出るようなら、テキサス州の電力供給あるいは電力価格に影響を与えることになる。


  • 最終更新:2012-09-09 08:09:28

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード