揚水発電の推移

たとえば、神流川揚水発電所
有効貯水容量:12,670,000
最大使用水量:510 m3 (現在は170 m3)
最大揚水水量:360 m3 (現在は120 m3)
であり、1機47万kWでフル発電すると、発電時間 7時間・揚水時間10時間という運用になる。

東電の各種水力発電の実績の推移は...
HydroTepco.png
となっている。

1990年代に揚水発電実績がピークで、その後、減少しているのは以下の理由によると考えられる。

揚水に使った電力の70%を取り出せるが、30%は失われる。とても効率の悪い発電所なので...
  • ピーク需要対応に火力発電所を作るコスト(と年間数%しか稼働しないのに維持保守するコスト)よりも、揚水発電の初期投資と維持コストが安い
  • 原子力発電の比率が高くなっていて、夜間電力が余剰である
のどちらかが成り立たないと建設・運用されない。

火力と原子力の発電実績の推移と比べると...
NukeFossilPumped_1.png

見にくいので、火力と原子力を第2軸にして...
NukeFossilPumped_0.png

原子力の発電実績の増大とともに、揚水発電が使われるようになっている。そして、原子力の比率が下がり、夜間の余剰電力という意味合いが小さくなると、揚水発電も減少している。

そして、原発というマストラン(must-run)電源が失われれば、ロス30%なバッテリーを充電する理由は、火力発電による供給力を超えているピーク需要対応及び、火力発電所の脱落時の非常対応のみ。



稼働率を見るために、エレクトリカル・ジャパン(Electrical Japan)掲載発電所の合計をとってみると...

東京電力 発電容量(MW) 2011実績(MWh) 稼働率
原子力 14496 28067174 22%
火力 41153 210287277 58%
水力(自流/貯水池) 2174 8804683 46%
水力(揚水) 7278 2003142 3%


揚水発電は3%程度の時間しか稼働していない。もともと、最大6-7時間/日程度しか稼働できない(揚水に9-10時間かかる)ものであり、休日や春秋は使う必要もないので、ほぼ夏のピーク時間帯のみ稼働と考えられる。

  • 最終更新:2012-10-02 07:09:45

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード