2012年6月25-26日のテキサス州電力価格の高騰

テキサス州ERCOTの卸電力市場で、2012年6月26日に価格上限3000ドル/MWhに到達する暴騰が起きた。これは、ERCOT管轄下の供給スタックの構造に起因するものだった。
Last week, the Independent Market Monitor for the Electric Reliability Council of Texas (ERCOT) released a report showing that the violent prices fluctuations of June 25 and 26 were not the result of market manipulation, as asserted by earlier reports. Most have greeted this as welcome news, but the finding could spell rocky years ahead with wild swings in electric prices from day to day, which makes it difficult for investors, generators and most importantly customers to plan ahead. To understand why, let’s back up a second and talk about what these findings mean.

先週、テキサス州系統運用機関ERCOTは、2012年6月25-26日の電力価格高騰は、主張されていたような相場操縦によるものではないとの報告書を公表した。このニュースを大半の人々は歓迎したが、得られた知見は、日々価格が乱高下し、投資家や発電会社や、そして最も重要な消費者にとって、将来計画を立てるのが困難になるという、険しい未来を予言している。これを理解するために、これらの知見の意味するところを見てみよう。

If the market isn’t being manipulated, it is at least feeling a little bipolar: one hot summer day with high demand prices are up slightly but everything was working fine. The next day however, a 2 percent uptick in demand combined with an unexpected loss of 1.6 percent sent prices soaring. The peak price on June 25 hit $438/ megawatt hour (MWh), but on June 26 prices maxed out at $3,000/MWh, meanwhile average prices skyrocketed to 640 percent above the average for the 25th.

相場操縦がなされていないとしても、少なくとも気分とは相反する。ある暑い夏の日、高い需要に伴って価格は少し上昇したが、すべてはうまくいっている。翌日、需要が2%増加し、発電機が1.6%脱落し、価格は際限なく高騰した。6月25日にはピーク時間帯価格は438ドル/MWhを記録したが、6月26日には価格上限3000ドル/MWhになり、平均価格は6月25日から640%上昇した。

In a well functioning market these price swings wouldn’t be so dramatic and unpredictable, and those swings point to fundamental problems with the electric markets in Texas. In extreme situations prices and profits may increase enough to support new investment but those extremes are so unpredictable that no power company can plan well for them, much less finance new investments. As Brattle Group says in their report to ERCOT, “reliance on scarcity prices is unlikely to achieve ERCOT’s current reliability objectives.” The solution? Reduce our reliability standards or implement reforms that will reliable electricity over the long term without the need for emergency regulatory intervention.

うまく機能している市場では、価格変動はここまで劇的で予測困難になることはないだろう。そして、この価格変動はテキサス州の電力市場の根本的問題を指し示している。極端な状況では新規投資するに十分な価格と利益になるが、そのような状況を予測することは困難であり、発電会社はそれに応じた計画を立てられず、新規投資にはほとんど結びつかないだろう。ERCOTへの報告書で、Brattle Groupは「欠乏状態価格にたよっても、ERCOTの現時点の予備力目標を達成できそうにない」と述べている。解決策は? 信頼性基準を引き下げるか、あるいは当局の非常事態介入の必要なく長期的に供給力を確保する改革を行うかである。

BrattleFig5.png

The reason for these swings is pretty simple, and outlined in the Brattle Report: the ERCOT supply curve does not efficiently reflect current or upcoming scarcity conditions in the market. The supply curve is dominated by low price resources like wind, efficient natural gas power plants, along with nuclear power and some cheaper coal, all of which come in at or under about $30/MWh. But as the chart shows, when you start getting near the 100 percent peak demand level there’s a sharp “hockey stick” curve upwards in price. This means that when we’re in that high demand territory, a single power plant going offline or an unexpected spike in demand can send electric prices from $30/MWh to $3,000/MWh without warning, like we saw in late June. Other regions have a more gradual supply curve of price increases during scarcity conditions, providing a kind of ‘warning’ to the market that the Brattle Report suggests as part of its suite of recommended market reforms. That gradual curve is important because it allows demand-side resources to help stabilize prices and at the same time it provides potential investors with the kind of predictable certainty that allows them to consider investing in Texas.

価格変動の理由はとても簡単で、Brattle報告書にも概要が書かれている。それは、ERCOTの供給力カーブが、現在及び将来の市場における供給力不足を反映していないことによる。供給カーブでは、風力や高効率天然ガス火力や原子力や低価格石炭火力などの低価格電力が卓越していて、これらは30ドル/MWh以下である。図に示したように、需要が100%に近づくと、価格は急激に上昇する。これは、需要が大きい時は、たった一つも発電機の脱落、あるいは予想外の需要急増が起きれば、今年6月に起きたように、前触れもなく、価格が30ドル/MWhから3000ドル/MWhに跳ね上がる。他の地域の供給カーブでは、供給力不足状況での価格の上昇は、緩やかであり、Brattle報告書が市場改革案の一つとして書いているように、市場に対して、ある種の警告として機能する。緩やかなカーブだと、需要側も価格安定に寄与でき、ある種の予測可能性から投資家がテキサスに発電機投資するか検討できるようになる。

[ COLIN MEEHAN- "The Texas Electric Market Isn’t Being Manipulated, It’s Just Built That Way (…And That’s Not A Good Thing)" (2012/07/19) on EDF ]
既に価格上限を4500ドル/MWhに引き上げる決定がなされているが、この供給スタック構造だと、投資誘因としては効いてこないかもしれない。

  • 最終更新:2012-09-09 04:12:14

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード